太もも裏の部分ダイエットを敢行

中学生の頃、強くなりたいという想いで、近所の散髪屋のマスターから借り受けた10キロのダンベルを持ちあげていました。
親からは身長が伸びなくなるよと言われていましたが、人並みに成長しました。

しかし、以前から行っていた、筋トレ(ダンベルでの運動の域は出なかったのですが)は継続してました。
上半身はそれなりに筋肉がつき、締まってくるものの、下半身の太ももあたりが、どうしても締まりませんでした。
そのため、脚がぱっつんの状態になり、自分の描いていた理想の体型には遠かったものでした。

何かお金をかけずに、太ももの裏の筋肉と、お尻周りの筋肉が締まらないものかと試行錯誤してました。
テレビで特集が組まれているような、短時間でできる体操などの特集を真似したりしましたが、どうしても長続きしませんでした。
その理由は、やはり、痩せるためだけの運動だと、どうしてもそのためだけに時間がとれないということでした。

それを解消する方法がないかと、考えていたところ、??をしながらすることができないかと考えだすようになっていました。
通常の日常の動作の中で行っている行動は、日常過ごすためには必須の行為であるため、必ず実施しなければいけません。
その行為に太ももの裏の筋肉、お尻周りの筋肉を痩せる動きを取り入れることができないかと考えました。

ある日、朝、歯磨きをしている最中、何気なく、脚を後ろの方に引き上げて歯磨きをしたところ、結構、太ももの裏の筋肉、お尻周りの筋肉にテンションがかかるのを感じました。
次の日も同じ行為を繰り返し、その次の日も、そして次の日も、、、、、。他の運動だと、長続きしなかったのですが、この運動は続いたのです。
やはり日常に行為に結びつけることができたからなのでしょう。効果の方は、二週間後頃から、ジーパンの履き心地が覿面に変化し、痩せていることが実感できました。